悪徳塗装業者 見分け方

優良塗装業者と悪徳塗装業者の見分け方

悪徳塗装業者 見分け方

 

外壁塗装業者にも悪徳な業者は多く存在します。
なぜなら、それはやはり簡単に儲かるからです!

 

そんなところには絶対に依頼したくないので、何とか見分け方が知りたいと思いませんか?

 

悪徳業者かどうか見分けるにはいくつかポイントがあります。

 

・設立年数が短い
・年間施工数が少ない
・必要な資格を持っていない
・営業がしつこい

 

こういう業者には注意が必要です。

 

他にもあります。例えば過去に仕事した家を紹介してくれない、「今ならお安くできるので、すぐに申し込んでください」などと契約を急がせるなど、ちょっとおかしいなと感じたらとりあえずその場での契約は止めましょう。

 

外壁塗装工事は手抜きがしやすく、ばれにくい、相手が素人なのでダマしやすい業界だと言われてます。

 

@仕事の相手が外壁塗装に知識のない素人であること。
A作業が屋外なのでずっと作業を見張る人はほとんどいないこと。
B作業が高所であることで3回塗るはずの塗料が2回で終わらせても気が付きにくいこと。
C塗料を通常よりも多めの水で希釈してもばれにくこと。
D手抜き工事が見つかるのが作業が終わってから数年先であること。

 

それなのに外壁塗装の費用は高いので、悪徳な塗装業者が多いのです。

 

信頼の出来そうな塗装業者を選びたいですね。